マレーシア大学進学の8つの特徴

マレーシア大学進学の特徴はなんといっても「欧米の大学進学と同じクオリティでコストが半額以下」という点です。マレーシアで通用すれば世界で通用すると呼ばれるほど質の高い大学教育を欧米の半額以下のコストで実現できます。
さらに、いまもっとも就活&キャリアアップにつながる留学先として注目されています。

マレーシア大学進学の特徴



マレーシアの大学

ヘルプ大学(Help University)

help

費用もとてもリーズナブルで地元の学生からも人気の大学

1986年に設立された文系の学部中心の私立の総合大学です。メインキャンパスはクアラルンプールの中心地から車で約15分のダマンサラハイツにあり、とても立地の良いキャンパスです。ローカルの学生からも高い人気を誇り、卒業生の評価もとても高い名門大学でありながらとてもリーズナブルな価格で学ぶことができます。また、世界中の多くの名門大学で提携し、ツイニングプログラムやダブルディグリープログラムなどの編入制度も多く利用できる大学となっております。

help



テイラーズ大学(Taylor's University)

taylors

世界的にも有名な総合力の高い私立大学

教育学、栄養学、観光学など多種多様な学部があり、湖を囲んだ綺麗なキャンパスで学べる私立の総合大学です。また、観光学部は世界の大学ランキングで29位に選ばれるなど世界的な評価も高く、多くの留学生が集まっています。観光学部用の施設も充実しており、大学内に併設されているホテルでインターンシップを受け入れています。また、大学内の施設は最新のものが揃っており、24時間利用することのできる自習室から、全ての授業が録画されており復習することもできます。大学のウェブサイトでいつでもみることができますのでとても便利です。

taylors




INTI大学(INTI International University)

inti

国際色豊かで、海外提携大学も多いグローバルな大学

1986年に設立された私立の総合大学で、ローリエイト国際大学連盟(Laureate International Universities)の加盟校の一つでアメリカ、イギリス、オーストラリアなどの欧米の大学と提携しています。自然が多く静かな雰囲気のキャンパスで集中して学ぶことができます。また、アメリカンディグリートランスファープログラムも充実していて、編入できるアメリカの提携大学は300校以上あります。ローリエイト国際大学連盟の大学に1学期の交換留学プランもあり、国際色豊かな大学です。

inti



UCSI大学(UCSI University)

ucsi

グローバルに活躍するこれからの人材を輩出する大学

1986年に設立された幅広い分野のプログラムのある私立の総合大学です。110カ国以上から留学生を受け入れており、様々な学問を学ぶと同時にグローバルスタンダードな多様性を身につけることもできます。また、国内の大手多国籍企業や研究機関、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、アメリカ、カナダなど様々な海外の大学と提携しております。ビジネスから政治学まで、様々な学問で豊富な経験を持つ教授によって時には公共団体や様々なコミュニティ向けのアドバイザー等も務めており、彼らの経験を授業に取り入れることでより実践的かつ経験に基づいた授業を受けることができます。

ucsi




アジアパシフィック大学(Asia Pacific University)

apu

ITをマレーシアで学ぶならココ!ITなどの技術系の学部の評判の大学

''1993年に設立された私立大学で在籍している学生数は10,000人前後となっております。ITなど技術系の学部が非常に評判が高く定評のある大学です。クアラルンプール郊外のIT、ハイテク企業の中心地であるテクノロジーパーク内にある2017年に大幅に改築された綺麗でかつ機能的な近代的なキャンパスに世界から100カ国以上の留学生が集まっております。 学生数の約半数が留学生で構成されているマレーシアでも最も国際的な大学の一つです。ITなどの高度な技術を身につけるだけでなく、マレーシア独自の多様性のある大学で世界で活躍するための基礎が身につきます。また、大学付属の語学学校の英語コースも充実しており、英語力がまだ自信のない学生でも安心して通うことができます。

apu



ニライ大学(Nilai University)

nilai

自然豊かなキャンパスが魅力的なマレーシアのトップレベル大学

1997年に設立された私立大学で、最高ランクのSetara 5の評価をマレーシアの政府により受けているトップクラスの大学です。空港から車で約20分ほどのキャンパスは自然豊かで勉学に専念出来る環境が整備されています。マレーシアという多民族国家の大学として様々な民族、人種、文化を尊重し、分け隔てなく教育するという理念によって、マレー系、中国系、インド系の学生をできるだけ1/3ずつ均等な割合で入学するようにしている学校です。また、航空工学を学べる数少ない学校の一つとして、マレーシアの航空会社エアアジアやオランダのKLM航空とも提携しており、より実践的な授業を提供しています。

nilai




大学進学費用の目安

気になる留学費用。「欧米の大学の半額の留学費用ってどれくらい?」という疑問にお答えする為、留学の費用の目安を記載しておりますのでご確認ください。

留学は自分の将来への投資です。しっかりとその投資に見合うリターンを得なければなりません。マレーシア留学のいちばんの特徴は、欧米留学と同じクオリティの留学環境にもかかわらず、コストは半額です。

欧米の大学の教育システムがマレーシアに進出していること
×
マレーシアの物価の安さ

がこの最大の特徴を可能にしています。
つまり、あらゆる留学先に比べもっとも費用対効果の高い留学が可能になります。

続きはこちら>>


マレーシア留学サポート実績国内No.1エージェントです

代表者挨拶

こんにちは、マレーシア留学サポートセンター代表の斉藤高志です。

私はマレーシアの持つ多様性とおおらかな雰囲気に魅せられた一人です。年間に3~4回は渡航し、マレーシア渡航歴は30回を超えました。また、私自身がマレーシアでの語学留学を経験し、さらにマレーシアにあるほとんどの語学学校を視察しています。その経験を活かし、過去に200名以上のマレーシア留学のサポートして参りました。

マレーシア留学の最大のメリットは「世界で一番コストパフォーマンスのよい留学先」ということです。欧米と同じクオリティの留学が半額の費用でできるところなんて他にありません。

マレーシア留学サポートセンターは、そんなマレーシア留学をもっとも応援している留学エージェントです。というのも、マレーシア語学留学のサポート実績は国内No.1。


サポート手数料はどこよりも安い1回限り108,000円

最高のコストパフォーマンスを誇るマレーシア留学を最大限応援するために、当センターの
「サポート手数料は1回限り108,000円のみ」です。

個別カウンセリング、留学プラン作成、大学入学手配、学生寮やシェアハウス手配、学生ビザ申請代行、航空券購入サポート、海外留学生保険の手続き代行などの渡航準備から留学中のメール&電話サポートまで

ご希望の方には、現地オリエンテーション、携帯電話レンタル、緊急時対応など留学中の現地サポートをご提供。安心して充実したマレーシア留学にしていただくためのオプションサポートもご用意しています。

サポート手数料は1回限り108,000円



テレビやラジオなど出演多数!

代表の斉藤はフジテレビの夕方の報道番組「スーパーニュース」やBS朝日のお昼の報道番組「ごごいち!ニュースキャッチ」など審査の厳しい報道番組の取材など多数のメディアの取材を受けています。


メディア掲載履歴


大学の種類

マレーシアには大きく分けて3種類の大学があります。国立大学、私立大学、海外大学のマレーシア分校となります。

日本からの留学の場合、私立の大学、または海外大学のマレーシア分校が全ての講義を英語で受講できる為、メインとなります。

続きはこちら>>

マレーシアでの大学制度について

イギリスの植民地であったマレーシアの教育制度はイギリスやオーストラリア、ニュージーランドなどのイギリス領であった国と類似しており、6年間の小学校、中高合わせて5年間の教育を経て大学に進学、または違う進路に進みます。

大学の学部は3年間(学部によって異なる、医学部など)1年生から専門分野を学ぶため、ファンデーションコース(大学準備のコース)で1年間、日本でいう一般教養を履修してから大学へ進学するケースも多いです。
また、英語力が大学が定めている基準に達していない場合は、事前に大学の付属の語学学校で履修する必要があります。
続きはこちら>>

日本の大学制度との違い

マレーシアの大学制度は、個人個人の希望に合わせて様々な学びのスタイルを選択することができます。

日本では、大学は4年間、短期大学は2年間など一般的に期間なども決まっておりますが、マレーシアでは個人個人で期間や学びのスタイルなども含めて選択していくのが特徴です。

続きはこちら>>

マレーシア大学進学の入学条件

マレーシアの大学入学基準

マレーシアの大学では、日本の大学の入試のような試験はありません。高校での成績と、IELTSやTOEFLなど英語力を測る資格を基準として、合否判定を行います。また、マレーシアではとても積極的に日本からの留学生を受け入れており、高校の偏差値のレベルなどは特に関係なく、出身高校の成績で合否判定を行います。


続きはこちら>>

マレーシア大学進学への5つのステップ

マレーシア大学進学への5つのステップ

1. 無料の大学進学カウンセリング
2. 入学の約4ヶ月前までに必要な申請書類を集める
3. マレーシアの大学で書類の審査
4. マレーシアの移民局での学生ビザ審査・承認
5. 東京のマレーシア大使館にてシングルエントリービザの申請・発行


続きはこちら>>